日常生活の中で気をつけるべき脂肪対策4つ!

  • 2016/05/23
  • ボディケア
  • 127view
  • YAZIUP運営
タグ

毎日の積み重ねが体を変える!

急激な食事制限やハードなトレーニングを行っても体脂肪はすぐに減ってはくれません。それどころか環境の変化に体がついていけず、ケガや病気の原因になってしまうこともあるのです。

196245524

あなたの現在の体はこれまでの数十年間の積み重ねによって作られたもの。それを一朝一夕でリセットしてしまおうという考えにはそもそも無理があるんですね。

体はゆっくりじっくり、毎日のちょっとした工夫によって確実に変わっていきます。まずは今回ご紹介する4つのポイントを、生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか!

 

 

その1 高カロリー食の時は糖質を避ける

体脂肪が増える直接の原因は必要以上の摂取カロリーにあるわけですが、この無駄に摂り過ぎてしまった栄養素を脂肪へと変化させているのは「インスリン」というホルモンです。このインスリンは糖質を摂取し血糖値が上昇することによって分泌されます。

つまり、どれだけカロリーの高い物を食べても血糖値さえ上昇しなければインスリンは分泌されませんから体脂肪が増えることもないのです。脂っこいハイカロリーな食事をする時でも糖質をカットすることで体脂肪が増えるのを防ぐことができるんです。

 

 

その2 サラダは先に食べる

食事の際、食物繊維が豊富な野菜類を先に食べることで血糖値の急激な上昇を防いでくれます。血糖値の上昇が緩やかになればその分インスリンの分泌量を抑えることができます。

286058756

上記その1でも説明しましたが、体脂肪が増えるか増えないかはインスリンが鍵を握っています。食事の最初に糖質を摂り、インスリンを分泌してしまうとその後食べた食事はどんどん体脂肪へと変化します。食事の順番は野菜類⇒肉・魚類⇒糖質 とすると良いでしょう。

 

 

その3 運動は朝食前に

どうせ運動するなら体脂肪燃焼に最も効果的なタイミングで行いましょう。体脂肪をダイレクトに燃やすことができるのは朝起きた直後です。水を飲んで水分補給をしたらすぐにストレッチを行い体をほぐしましょう。

朝食後に運動をしても食べた栄養素が優先的に消費されるだけであまり体脂肪は減りません。これは昼でも夜でも同じことです。1日の内、1度だけある大きなチャンスが「朝食前」なのです。

 

 

その4 腹筋運動はやめてスクワットをやろう

オヤジの腹といえばやっぱりヘソの下近辺にグルっ浮き輪を巻いたような形状でついてしまう脂肪。ただ、お腹の脂肪を減らしたいからといって腹筋運動を行ってもあまり意味はありません。

腹筋はあまり大きな筋肉ではありませんから一生懸命腹筋運動をしても消費カロリーはたかが知れているのです。

306013061

効率よくエネルギーを消費するためには大きな筋肉を使いましょう。体の中で最も大きな筋肉は大腿部。大腿四頭筋と裏側のハムストリングスです。膝を曲げる時はやや踵よりに体重をかけ、伸ばす時にはつま先側に体重を掛けて一気に立ち上がります。腹筋をやるくらいならスクワットをした方がずっと脂肪燃焼効果が高いのです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ボディケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ